読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニオタ、イギリスに行く

アイデンティティ=ジャニオタのアラサー女子は海外で生きていけるのか。

ウルのスタンダードって知ってますか?…大英博物館Part3は聖地巡礼

1か月目 イギリス生活 観光 本の紹介

こんばんは、おはようございます。

本日の語学学校の授業で、

「KEIは今日の放課後はなにをするの?」

と聞かれたので

British Museumに行きます」

と答えたら

「それ先週も行ってたじゃん」

と言われたので

「時間があるなら毎日行きます」

と返したところ普通にドン引きされました。

「KEIはculture vultureだね!」

と言われたのでこの言葉を調べてみたところ、

エセ教養人とか教養マニアと出てきました。

先生はpeople who loves cultureと言っていたけれど、果たしてこれは喜んでいいのでしょうか。

ディスられている気がしないでもないですが、

まあたしかに教養人ぶってるエセ教養人といえばわたしのことだしこれからもこの路線で行こう。

そう決意を新たにしました。

どうもculture vultureのKEIです。

 

ということで今日も今日とて大英博物館British Museum)に行ってきました。

もうその報告飽きたわっていう声が聞こえてきそうですが、culture vultureなので許してください。

今日の目的はプチ聖地巡礼です。

 

お題はこちら。

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)

宝石商リチャード氏の謎鑑定

著者:辻村七子

 完璧な美貌でスイーツとミルクティーをこよなく愛するイギリス人宝石商(表紙左)と日本人のうっかり天然口説き魔大学生(表紙右)が宝石にまつわるトラブルを解決していくシリーズものです。普段は冷静沈着なのにスイーツには目がない宝石商と、正直すぎるあまり相棒の美貌を褒め称えた挙句に口説いていると勘違いされてしまう大学生のコンビが非常にかわいいのです。

 

覚えていらっしゃる方がいるかわかりませんが、以前日本を出発する日のことを書いた記事(※これ)で、出発前に慌てて書店でその日発売の文庫本を購入したことをお伝えしたと思います。

実はそのとき購入していたのがこちら。

宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ (集英社オレンジ文庫)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 導きのラピスラズリ

シリーズ 最 新 刊 です!

こちらの巻がシリーズ第4巻にあたるのですが、3巻がすごく気になるところで終わっていたんです。

日本を出発する日に購入できるかどうか、実はすごくヒヤヒヤしていたのでした。

もちろん無事購入することができました!

そしてイギリスへ向かう飛行機の中でこの最新刊を読んだのですが、

なんと作中で主人公の大学生もイギリス行きの飛行機に乗るというミラクルシンクロ。

たしかにイギリス人宝石商は出てきますが、まさかイギリスを舞台にすることがあるとは思っていませんでした。

しかも発売日にわたしもイギリス行きの飛行機に乗ってるなんて、ちょっと運命を感じましたよね。(著者とファンの皆様ごめんなさい)

で、主人公は渡英後にロンドンを観光したりなんやかやするわけですが、そのなかで大英博物館にも訪れるのです。

タイトルの通り宝石を見に行くんですね。

彼が訪れたのはroom 47。

f:id:kkkkei:20170301061146j:plain

実はウェッジウッドポートランドの壺があるのとおなじ部屋です。

この部屋には陶磁器のほかにも、カメオやアクセサリーがたくさん展示されているのです。

 

この場所で主人公は、歴史的な背景を持ったジュエリーに圧倒されるのですが、作中で具体的に描写されている宝石がどれなのか、残念ながらわたしにはわかりませんでした。

だって本当にたくさんの宝石があるんです。 

f:id:kkkkei:20170301061255j:plain

左のイヤリングはウェッジウッドのジャスパー。

 

f:id:kkkkei:20170301061351j:plain

f:id:kkkkei:20170301061325j:plain

かわいらしいモチーフのブローチとか。

 

f:id:kkkkei:20170301063840j:plain f:id:kkkkei:20170301063906j:plain

カルティエのゴージャスなネックレスも。

このあたりはすでにかわいいという領域を超えてる。ただすごい。

 

多すぎて、どれがどれだかよくわからないのも仕方ありません。

宝石を見物したあとは、今日もポートランドの壺を舐めるように見て、本日のメイン会場に向かいます。

 

それがこちら。room 56。

ウルのスタンダード(The Standard of Ur)

f:id:kkkkei:20170301064355j:plain

 

わたし、小説を読んだだけで「ウルのスタンダード」がなにか、ぜんぜん調べないで行ったんですよ。

今日見に行って思いました。

あ、これ、はじめて来た日に見てたわ。

しかもそのときに思ったこと。

日本でレプリカ見た。

以上。

……。

なんという大失態。

これだからエセ教養人は…。

 

知識があればこそより深く楽しめる、という良い例だと思っていただければ…。

 

ウルのスタンダードは、「ウル」というシュメール人の古代遺跡の遺物です。

青のラピスラズリのモザイクを背景に、貝殻や珊瑚で絵が描かれています。

f:id:kkkkei:20170301065108j:plain

反射で見づらいですが、片面には平和な日常、

f:id:kkkkei:20170301065040j:plain

片面には戦争の場面が描かれています。

写真ではかなり黒っぽく見えますが、実際は濃い藍色ですね。

箱のような見た目なのですが、スタンダードとは軍旗という意味のようです。

しかし実際のところ、用途は未だよくわかっていないんだとか。

 

ウルのスタンダードに使われているラピスラズリという宝石は、絵具の原料になります。

色の名前はウルトラマリン。

西洋の色見本をめくるとよく見かける名前で、「海を越えた青」という意味だそうです。

画家のフェルメールがふんだんに使用したことで有名で、フェルメールブルーとも呼ばれます。

ちなみに、当時ラピスラズリアフガニスタンでしか採れなかったので、とても高価だったようです。フェルメールラピスラズリを使いすぎて借金まで作ったとか。

多くの人々を魅了してきたブルー。

そう思うと、ウルのスタンダードを見る感動が一層増しますね。

わたしが言ってもまったく説得力がありませんが。

 

こういった背景が、今日ご紹介した「宝石商リチャード氏の謎鑑定」で非常に重要になってくるのです。

…が、これ以上はなにを言ってもネタバレMAXなのでなにも言えません。くそー!

待望のカタルシスがこの場所で起こるんですよ!

f:id:kkkkei:20170301070220j:plain

ここです!

とても良いシーンなんです!

しかしなにも言えません!

ですので、興味を持たれた方はぜひ、シリーズ1巻からお手に取ってみてください。

宝石への愛で満ちた小説です。

ゴルゴ顔負けの強い女子も出てきます。

おすすめです。

 

 

f:id:kkkkei:20170301070731j:plain

今朝は天気が良かったのに、放課後には雨が降りました。

でも家に着くころにはきれいな夕日が。

…と思ったら夜にはまた雨が降りました。

イギリスの天気は忙しいです。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 

クリックしてくださるとジャニオタがエセ教養人の道を邁進します。 

渡英したジャニオタの日常生活

1か月目 イギリス生活 語学学校

こんばんは、おはようございます。

今日の放課後なにをするかたくさん候補を考えたのですが、天気があいにくの雨でしたので授業が終わってすぐに帰宅しました。

まあそんな日もある。KEIです。

 

今日から語学学校二週間目に突入です。

すこしずつ授業にも慣れてきました。

先日すこし触れたレイジーでダウナー系な男の子が、話すほどに好青年で好感を持ちます。

自分勝手な偏見で判断するのは本当によくないなあと反省中です。

 

さて、一週間たったところで、だいたい日々の生活パターンが完成してきました。

ですので、今日はジャニオタのイギリスでの一日をご報告したいと思います。

 

まず朝。

6時30分ぐらいに起床。

日本にいたころは昼まで寝ていたのが信じられません。

 

わたしがホームステイしているお家では、

平日の朝食は6時~9時

土日の朝食は7時~10時

と決められています。

朝食は、食パンやシリアルが常備されていて、自分で好きなものを準備して食べます。

 

7時30分ごろにはお家を出発。

地下鉄に酔うので、乗っているあいだはずっとJUMPの曲を聴いています。

8時過ぎには語学学校の最寄り駅に着きます。

しかしわたしの学校は8時30分からオープンなので、近場のスーパーでお昼ごはんを選びながら時間をつぶします。

たいてい£1前後のサンドイッチを買っています。

お天気が良ければ散歩したりするのですが、このごろは天気が悪い+寒いので、もっぱらスーパーに入り浸りです。

 

9時から10時30分まではグラマーの授業前半戦。

わたしは中級下のクラスなのですが、文法的には現在完了とかそのあたりです。

正直なところ、簡単です。

わたし含め日本人は3人いますが、このあたりの文法問題はみんな問題なくこなしています。

しかし話すとなるとまたべつで。

喋れるけど書けないヨーロッパ人、喋れないけど書ける日本人、というのがやっぱり顕著だなあと感じます。

わたしは文法のスキル的にはもっと上の段階で構わないのでクラスチェンジを悩んでいるのですが、スピーキングスキルとしてはこのあたりがやりやすい気もするし、どうするか悩んでいるところです。

そして15分休憩をはさんで10時45分から12時15分まで、グラマー後半戦。

終わったらランチタイムです。

 

お昼ごはんはたいてい学校併設のカフェで食べています。

スーパーで買ったサンドイッチで足りないときは、ここで£1.5のケーキを買ったりします。

 

13時から14時30分までが午後の授業。

午後はコミュニケーションのクラスです。

午前の授業よりも、ディスカッションやロールプレイングが増えます。

内容も、午前よりすこしレベルアップします。

たまに聞き取りできなくて焦ります。

 

以上で語学学校終了です。

19時がお家のディナータイムなので、18時までには帰りの電車に乗ります。

それまではフリータイム!

なので、この時間にお散歩したり大英博物館に行ったりしています。

 

ディナーが終わったらすぐにシャワーを浴びます。

ホストファザーが朝早いお仕事なので、21時以降は音を立てるのが厳禁。

なので、それまでにトイレ、シャワー、部屋の片づけなど派手に音が鳴る用事はすべて済ませてしまいます。

その後は宿題(そんなに多くない)をすませて、こそこそブログを書いたりゲームをしたり読書をしたりしています。

日付が変わる前には就寝します。

日本にいたときは2時すぎないと眠れなくて夜更かしの日々だったのが信じられません。

語学学校なんて朝早すぎてちゃんと通えるか心配…と思ってらっしゃるそこのあなた!

大丈夫です。日本で怠惰という怠惰の限りを尽くしていたわたしが言うのですから間違いありません。

大丈夫です。

とくにホームステイだと、食事の時間が決まっている+夜更かししてまでやることがないので、自然と規則正しい体になります。

 

こんな感じで1日が終了します。

お家のディナーが19時と決まっているので、ホームステイが終わるまでは仕事も探しづらいですし、当分はこのままだと思います。

ちなみに食費ですが、ホームステイの費用に含まれないお昼ごはんのみで、1日だいたい£2前後です。

それより交通費が…

学校まで通常だと往復£6.6…高いよ…

ネットでオーダーした学生定期がまだ来ないんですよね…

はよ…

このあたりの交通費事情は後日また詳しくお知らせしたいと思います。

 

以上、イギリスに住んで1週間のジャニオタの日常でした。

ここまでお付き合いくださった皆様、ありがとうございます。

 

 

 

f:id:kkkkei:20170228065557j:plain

だいたい曇っているか雨が降っていますが、晴れるとこんなに気持ちいい空になります。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 

クリックしてくださるとジャニオタがJUMPを聞きながら裕翔くんの勇姿を想像して明日も語学学校頑張ります。ちなみにまだ日本人以外の友達はいません。

日曜日なのでVictoria And Albert Museumに行ってみた、天国だった

1か月目 イギリス生活 観光 陶磁器

こんばんは、おはようございます。

最近は時流に乗って徳田秋声を読んだりしています。あらくれが好きです。KEIです。

 

さて本日はなんにも予定のない日曜日!

ということで、ずっと行きたかったVictoria And Albert Museum(通称V&A)に行ってきました!

ヴィクトリア女王アルバート公の名前を戴いたこの博物館には、世界中の芸術とデザインがコレクションされています。

大英博物館とおなじく、催事以外は入館料無料です。

ロンドンの地下鉄Circle LineのSouth Kensington駅から歩いて5分ほどのところにあります。

 

f:id:kkkkei:20170227071341j:plain

おしゃれな駅の出口。

 

f:id:kkkkei:20170227071504j:plain

f:id:kkkkei:20170227071556j:plain

South Kensingtonの街並み。高級感があります。

 

f:id:kkkkei:20170227071849j:plain

Victoria And Albert Museum。威厳を感じる建物です。

 

この博物館へ行ったらぜひ見てみたいと思っていたのが、こちら。

f:id:kkkkei:20170227072500j:plain

ウィリアム・モリス19世紀イギリスの著名なデザイナー)がデザインした部屋を利用したカフェ。

…ですが日曜ということもあってかごらんの通り人でいっぱいでしたので、写真だけ撮って退散しました。

この写真ではお部屋の素晴らしさがぜんぜん伝わらない…また後日リトライしてきます。

 

f:id:kkkkei:20170227072941j:plain

f:id:kkkkei:20170227073012j:plain

中庭が解放されているので、暖かくなったらこちらで食事をしても気持ちがよさそうです。

 

さて、もちろんここへ来たからには展示も見なくてはいけません。

今回わたしがこの博物館を訪れた最大の理由。

それがこちら。

皆様準備はよろしいですか?

いきますよ?

心して見てくださいね?

さあ、

これが……

これが…………

これがわたしのユートピアです!!!!

f:id:kkkkei:20170227073639j:plain

f:id:kkkkei:20170227073753j:plain

どこを

f:id:kkkkei:20170227073849j:plain

見ても

f:id:kkkkei:20170227073917j:plain

陶磁器

f:id:kkkkei:20170227073953j:plain

陶磁器天国である!!!!!

 

f:id:kkkkei:20170227074220j:plain

なんて可愛らしいティーセットでしょうか。

 

f:id:kkkkei:20170227074401j:plain

磁器でできたお花って本当に可憐で繊細。

 

f:id:kkkkei:20170227074522j:plain

f:id:kkkkei:20170227074546j:plain

手前真ん中のブルーのカップが欲しい。

 

f:id:kkkkei:20170227074708j:plain

f:id:kkkkei:20170227074726j:plain

お人形もたくさん。羊のモチーフが愛くるしい。

 

f:id:kkkkei:20170227074854j:plain

f:id:kkkkei:20170227074918j:plain

f:id:kkkkei:20170227074941j:plain

うさぎ・アスパラガス・…ヒラメ?

なぜそれをモチーフにした? って思うけどかわいい。

 

f:id:kkkkei:20170227075140j:plain

f:id:kkkkei:20170227075227j:plain

殺伐とした動物たち。これを飾ってどんな気持ちになるんでしょうか…。

 

f:id:kkkkei:20170227075348j:plain

ジャスパーもいっぱい。

そういえばここにもポートランドの壺のコピーがありました。

 

f:id:kkkkei:20170227075510j:plain

f:id:kkkkei:20170227075538j:plain

ジャスパーウェアが出来るまで。

うーんわからん。

 

f:id:kkkkei:20170227075729j:plain

おっかない壺。木と花の質感が繊細すぎるよー。

 

f:id:kkkkei:20170227075909j:plain

もちろん洋物だけではありません。

アジアの陶磁器もかなりの数が展示されていました。

 

f:id:kkkkei:20170227080109j:plain

しかしフォルダに残っているのは洋食器ばかり…。

次回はもっとほかの地域の展示にも目を向けたいです。

 

怒涛の写真連投にお付き合いくださった皆様、お疲れさまでした。

今回は完全に陶磁器に的を絞って見てきたのですが、V&Aにはほかにも絵画や宝石、家具などさまざまな展示がなされています。

さらに内装もかなり凝っていて、まるで展示室自体が展示品のようです。

また、シアタールームでは、ロンドン万博など5つのテーマのショートフィルムが上映されていて、自由に見ることができます。

カフェやグランドフロアは日曜ということもあってかなり混雑していましたが、上層階はけっこう閑散としていて、非常に観覧しやすかったです。

陶磁器ルームなんて、わたしが入ったときは無人でした。

 

陶磁器を見たあとに館内を一通りぐるっとまわってはみたのですが、あまりの物量にまったく消化することができなかったので、そのあたりはまた次回じっくり見ていきたいです。

その物量のすごさに大英博物館を思い出しますが、こちらのほうが家具や衣類など、生活感を感じる展示が多い気がします。

とくに内装に関しては、改装や部屋ごとにテーマが違ったり、本当に部屋ごと展示品みたいで圧倒されました。

このあたりの素晴らしさは、次回ウィリアム・モリスの部屋と一緒にあらためてご紹介することができたらいいですね。

今日は陶磁器ばかりたくさんご紹介しましたが、これでもまだほんの一部なんですよ。

すごすぎる、イギリスの博物館。

 

そして明日は語学学校。

放課後になにをするか考えながら眠ることにします。

あ、そのまえに潜書します。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 

クリックしてくださるとジャニオタが語学学校の夢を見ます。…あんまり見たくないかもしれない。

ロンドンには日本人がたくさんいる

1か月目 イギリス生活 語学学校

こんばんは、おはようございます。

日本にいたときのレイジーっぷりが信じられないほど規則正しい生活を送っています。KEIです。

 

イギリスに来てはじめての週末。

語学学校のクラスメイト(※日本人)が来月から住むお家の内見に行くというので、ついて行ってきました。

自分が探すときの参考になればいいな、と思っていたのですが、想像以上に楽しくて、今日は非常に充実した一日でした。

 

そのお家の大家さんは日本人で、とても明るくお話し好きな女性。

わたしとクラスメイトが訪ねると、お部屋を案内してくださったあとにお茶の席を設けてくださって、ロンドンの生活や過去の旅行先など、いろんなお話をしました。

話しているうちに、シェアハウスの住人が続々と帰ってきてお茶の輪に加わったり、以前住んでいたという方まで訪ねてきてさらに話が盛り上がったり、とてもアットホームな雰囲気でした。

そのお家でお部屋を借りている住人の方々は皆さんかなり長期で住んでらっしゃったり(長い方は10年)、退居して数年になる元住人がいまだに訪ねてくるあたりからして、大家さんの人柄の良さが伺えます。

その明るくパワフルなお人柄ゆえか、お家の雰囲気もすごく明るくて、わたしもこういうところに住めたらいいなあ、なんて夢想してしまいました。

大家さんは日本人でしたが、住人の方々はヨーロッパを中心に国籍も様々で、ここに住んだら英語力が伸びること間違いなし。

本当に素敵なお家でした。

わたしもいいお家に縁があるといいなあ。

 

ところで最近の当ブログをお読みくださっている方々は薄々感づいていらっしゃると思いますが、わたしはイギリスに来てからというもの、日本人とばかりつるんでいます。

わたしの通う語学学校には、日本人が多く在籍しています。

1クラス10人だとすると、だいたい3~4人は日本人です。

いわゆる中級クラスの前後に集中して多いので、それ以外のクラス(上級とか)に行ければ日本人率は下がると思いますが。

日本人以外では、ドイツ、スペイン、フランスなどヨーロッパ系、ブラジル、アルゼンチンなど南米系が多いです。

アジア系は日本人以外ほとんどいなくて、とくに中国系や韓国系はさっぱり見かけません。

上級クラスに行けば数人いるらしいんですけど。

わたしはもっとたくさん中国系がいる学校を想像していたので、これには驚きました。

このあたりの国籍の比率は学校にもよるのでなんとも言えませんが、とりあえずロンドンには日本人がたくさんいます。

観光地に行けば一目で日本人とわかる人々がいますし、日本語も聞こえてきます。

日本食レストランも多いですし、探せば日系のお店はたくさんあると思います。

けれどとくに語学学校においては、あまり日本人とつるまないほうがいい、とよく聞きますよね。

言うまでもなく、そのほうが英語が伸びるからなんですけど。

それを理解したうえで、わたしが感じていること。

 

やっぱり日本人がいると安心する。

…軟弱ものと罵ってください。

 

でも事実なんですよね。

おなじ文化圏で育って、共通の認識があり、意思疎通に不便がない。

空気と行間を悟ってくれる。

それにすごく安心します。

その安心感こそ英語力の伸びを妨げる、と言われればぐうの音も出ませんが。

それでも、ちょっとした不安を簡単に相談できて、情報交換もできる。

そんな日本人がまわり存在していることに、とても助けられています。

ちなみに、英語力がわたしと似たり寄ったりで、よく日本人同士でつるんでいるわたしのクラスメイトたち。

わたしの知らない間にガンガン多国籍な友人関係を築いていってます。

ですから、日本人同士でつるむの自体が問題なわけではないんですよね。

わたしに日本人以外の友人ができないのは、完全にわたしの問題なわけです。

……。

さすがにこのままではイカン。

とは思っているので、学校以外にも目を向けて、わたしと似たような趣味の根暗非リアがいないか探していきたい所存です。

きっとどこかにはいるでしょう…。

いるはず…。

いるよね…?

 

 

f:id:kkkkei:20170226071826j:plain

f:id:kkkkei:20170226071929j:plain

お家の内見に行くまえにNotting Hillに寄りました。

かわいいお店がたくさん。

マーケットも賑わっていて、とても楽しかったです。

天気がいい日に一眼を持って再訪したいですね。

 

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

クリックしてくださるとジャニオタが血眼になってロンドンの根暗を探します。

大英博物館Part2…死にかけのスマホも一緒だよ

1か月目 イギリス生活 観光 陶磁器

こんばんは、おはようございます。

皆様いかがお過ごしでしょうか。わたしは語学学校最初の1週を終えてどうにか一息ついています。KEIです。

今日、授業の流れでわたしが「パーティは好きじゃない」という旨の発言をしたところ、

男性陣「ウソでしょ、なに言ってんの(真顔)」

女性陣「いやいや彼女はパーティ嫌いでしょうよ(半笑い)」

という反応を得ました。

パーティなんて好きであたり前という反応に絶望するべきか、コミュ障を覚られていることに絶望するべきか、わかりません。

着実に根暗の印象を与えていっております。

めげません。

 

さて本日は、先日行ったばかりの大英博物館British Museum)を早々に再訪したのでそのご報告です。

ところで、わたしはデジタル一眼もイギリスに持ってきているのですが、通学時に持ち歩くにはサイズが大きくて邪魔なので、お家に置いてきてるんですよ。

そこで頼みの綱が携帯電話スマートフォンなのですが、本日はまれにみる絶不調で、いきなりシャットダウンからの再起動を無限ループ…。

思うように写真が撮れず、不完全燃焼です…。

 

さて、この間はポートランドの壺狙い撃ちで見に行ったので、今日はとくに目的を決めず、気の赴くまま見てまいりました。

本日は写真にまとまりがありませんが、興味のある方はお付き合いください。

 

f:id:kkkkei:20170225060359j:plain

f:id:kkkkei:20170225060425j:plain

まずはやっぱりウエッジウッド。

前回はジャズパーばかり紹介しましたが、もちろんそれ以外もあります。

東洋趣味のカップがかわいい。

 

f:id:kkkkei:20170225060612j:plain

これはマイセン。

これもジャスパーとおなじく新古典主義(ものすごく大雑把に言うと、いろいろやってみたけどやっぱり古典がいいよね! みたいなこと。だからモチーフがローマとか古典を想起させるイメージ)らしい。

 

f:id:kkkkei:20170225061407j:plain

陶磁器のお人形もいっぱいあります。

どうやって作ってるの? ってくらい装飾がめちゃくちゃすごい。

 

f:id:kkkkei:20170225061532j:plain

ターコイズと真珠のブローチ。

アルバート公からヴィクトリア女王への贈り物。

ぜんぶで12個あるうちのひとつらしい。かわいい。

 

f:id:kkkkei:20170225062009j:plain

前回ご紹介したポートランドの壺(本物)とおなじくカメオガラス製の水差し。

透明感のある模様が素敵。

 

f:id:kkkkei:20170225061742j:plain

鳥の頭のついたカップ。かわいい。

よく見るとガラスに模様が入ってたり、台座の装飾も細かい。

 

f:id:kkkkei:20170225062234j:plain

ドラクエゼルダにでも出てきそう。

 

f:id:kkkkei:20170225062402j:plain

f:id:kkkkei:20170225062430j:plain

装飾が死ぬほど細かいギター。

Citoleというらしい。

これひとつ作るのにどれくらい時間がかかったのでしょうか。

 

f:id:kkkkei:20170225062754j:plain

時計ばかり集めたお部屋もあります。

柱時計などは、長い針が12を指すとしっかり時を鳴らしていました。

 

f:id:kkkkei:20170225062926j:plain

新しい時計もあります。

なぜソニーが選ばれたのでしょうか。

 

f:id:kkkkei:20170225062824j:plain

裕翔くんが懐中時計すきなんですよね…。

 

f:id:kkkkei:20170225062852j:plain

これも時計。

右側と左側にそれぞれ盤面みたいなものが付いてますね。

すごくかわいい、レプリカあったら欲しい。かわいい。

 

f:id:kkkkei:20170225063558j:plain

空間とのミスマッチ具合がすごい。

存在感もすごい。

 

いかがでしたでしょうか。

今日はかなり無軌道に見てきましたが、写真からわたしの好みが漂い出てますね…。

それにしてもこういった展示物が、人の手で作られて人の手を渡ってきたのだということを考えると、気の遠くなる思いとそれがわたしの目の前にある感動とで、とても不思議な気持ちになります。

まだまだ何度も通いたい場所です。

 

 

f:id:kkkkei:20170225063712j:plain

大英博物館側から見る街並みも、とても素敵です。

この場所の街並みがすごく好きです。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 

 クリックしてくださるとジャニオタが脱根暗…できるかな…

どうしたら友達ができるかな

1か月目 語学学校

こんばんは。そしておはようございます。JUMPの新曲のPVが見たくてもがき苦しんでいます。KEIです。

裕翔くんはいつだって格好いいけれど今回もとても格好いい。

 

今日の放課後は学校のお友達(※全員日本人)と一緒に街をぶらぶらしてスタバ行って帰りました。

ホットチョコレートのショートが£2.55くらいだったかな。

 

ところでタイトルの話。

偏見だとは思うんですけど語学学校にいる人たちの8割ぐらいがパリピに見えます。

コミュ障にとっては雲の上のコミュ力おばけです。

およそいままでのわたしの交友関係には存在しなかった人種の人々です。

でも、おそらくパリピなうえ授業中はすごくレイジーでダウナー系な男の子が毎日時間通りにきっちり学校に来ていて(※わたしのクラスは出席率が平均7割くらい+遅刻が多い)さりげなく優しかったりするので、勝手に苦手意識持つのは申し訳ないな、と思ったりします。

日本人で彼らのなかに溶け込んでいるのは、やっぱりテンションが高くて明るい子が多いです。

あと物怖じしないで英語が喋れる子。これは必須ですね。

わたしにはぜんぶないですけど。

そういう子たちはしっかりいろんな国の友達を作っていて、感心することしきりです。

いまさら言うまでもないことですが、自分の意見を言うこと、自己主張することはやっぱりすごく大切です。

黙っていると基本的に無視されます。

とにかく喋ることはすごく大事。

来て数日だけで実感します。

相手が一通り自分の意見を話して、「じゃああなたの意見は?」と聞かれたときに答えることがなにももないと、向こうが戸惑ってしまいます。

わたしからすれば、よくポンポン意見が湧いてくるなと感心するのですが、向こうからすれば「こいつなにも言わないんだけどなんなの?」って感じなんだと思います。

しかし授業中はともかく、それ以外の時間に積極的に喋るのって物凄くエネルギーが必要です。

とにかく疲れます。

あんまり疲れるので、無理に友達作らなくてもいいかな、と思ったりするんですが、

まあそんなことないですよね。

やっぱり友達は必要だよな、一般的には。

 

ということでタイトルの答え。いまのところ。

とにかく喋れ。

おまえが言うな案件ですどうもすみません。

できないからこそ実感してるんですよー!

 

 

f:id:kkkkei:20170224070149j:plain

今日は朝から雨が降っていたうえに風がものすごく強くて、冗談じゃなく吹き飛ばされそうでした。

それでも公園にはたくさん鳩がいて、平和でなごみます。

 

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

クリックしてくださるとジャニオタがフリートークを試みます。

ポートランドの壺発見!大英博物館に行ってみた

1か月目 イギリス生活 陶磁器 観光

こんばんは、そしておはようございます。KEIです。

今日も今日とて学校へ行くのが憂鬱で、お家に帰るのも憂鬱でした。

お家では今日もまたひと悶着あって落ち込んでいたのですが、今週のガンダムを見てすこし持ち直しました。

来週とうとうキマリスが復活しそうで本当に楽しみで本当に心配。

また撃墜されたらどうしよう…

 

そんな今日は、授業が終わったらすぐお家に帰ってお勉強したり作業したりゆっくりする予定でした。

昨日は飲み会で遅くなってしまいましたし、今日の放課後はわたし一人で、特に予定もなかったので。

しかし道すがらそんな自分に違和感があって、駅に着いたとき思ったんですよね。

…あれ? おかしくない?

渡英前に思い描いていた放課後を思い出せ。

行きたいところ、いっぱいあったはず。

なんでまっすぐ帰ろうとしてるんだ…。

せっかくロンドンにいて、予定がなくて、今日は自分ひとりなんだから、

行きたいところ、行かないと!

 

f:id:kkkkei:20170223072227j:plain

ということで、大英博物館British Museam)に行ってきました。

わたしの通う学校は博物館のすぐそばにあるので、放課後見に行くのにちょうどいい立地です。

しかも皆様ご存知の通り入場料無料なので懐にも優しいです。

 

今日は、かねてより大英博物館へ行ったら一番にこれを見よう! と決めていた展示物を狙い撃ちで見てきました。

その名も、

f:id:kkkkei:20170223072351j:plain

ポートランドの壺(The Portland Vase)

むかーしむかし(説明にはAbout 15 BC - AD 25)ローマで作られたカメオガラス製の壺です。

ちなみに名前は後の所有者であるポートランド公爵から。

なぜこれが見たかったかというと、

f:id:kkkkei:20170223072316j:plain

わたしの愛するウェッジウッドがコピーを作っているからです。※この写真の壺がウェッジウッドのコピー。

ウェッジウッドの創設者がこの壺に非常に感銘を受けたらしく、陶磁器で再現するために四苦八苦したようです。

思い入れもひとしおなのか、この壺はウェッジウッドロゴマークにも組み込まれているので、気になる方はぜひ探してみてください。

そして、このポートランドの壺こそが、

f:id:kkkkei:20170223072543j:plain

ウェッジウッドを代表するジャスパーウェアのもとになっているのです。

 

f:id:kkkkei:20170223072626j:plain

f:id:kkkkei:20170223072853j:plain

f:id:kkkkei:20170223072736j:plain

ジャスパーと言えばペールブルーが有名ですが、いろんな色があります。

 

f:id:kkkkei:20170223073101j:plain

このキャンドルスタンドもジャスパー。かわいい。

 

f:id:kkkkei:20170223073151j:plain

パーツがジャスパー。トイレボックスって書いてあったと思います。

 

はあ、大好きなジャスパーがいっぱい飾ってあって眼福でした!

 

今日はとりあえず目的のものだけを見るつもりで、ほかの展示品はほとんどスルーして回りました。

それでもふと足を止めてしまう展示品がいくつもあったり、すごいものがあるのを理解しつつ素通りせざるをえなかったり、

本当にすごい場所ですね。

その展示品の数や積み重なった歴史に圧倒されました。

放課後ちょっと寄るどころでは時間がまったく足りないので、これからも足しげく通いたいです。

2年もいるんだから、きっと全部見てまわれるはず。

 

そして恥ずかしながら、目の前のことしか見えていなかった自分にがっかりしました。

学校行かなくちゃ、

お家に帰らなくちゃ、

だれかと喋らなきゃ、

友達作らなきゃ、

ということばかり考えていて、渡英前に行きたいやりたいと思っていたことをすっかり忘れていました。

今日ゆっくりとひとりで博物館を見てまわった時間は、イギリスに来てからの数日で一番充実していました。

好きなものを好きなように好きなだけ見る。

他人のことなんて一切気にしなくていい、解放された時間でした。

だからコミュ障なんですけど。

 

 

f:id:kkkkei:20170223073945j:plain

学校の近くの公園。天気が良ければ気持ちいい。悪ければただ寒い。

今日は後者でした。

そういえば今日授業の流れで、ディスコに行ったことがあるか、という話になりました。

わたしがもちろん「ない」と言うと、

え? こいつマジで言ってんの?

という驚愕の視線を集めました。

え? 皆さん行ったことあります?

ないですよね?

わたしがおかしいのか?

コミュ障こじらせてるから?

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 

クリックしてくださるとジャニオタが狂喜乱舞。