読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニオタ、イギリスに行く

アイデンティティ=ジャニオタのアラサー女子は海外で生きていけるのか。

大英博物館Part4…優雅にアフタヌーンティー

1か月目 イギリス生活 食事

こんばんは。おはようございます。

語学学校四週目がはじまりました。

そして引っ越しをしてからはじめての月曜日。

もう家に帰る時間を気にする必要はありません。

どこでなにを何時までしようが、わたしの思うがままです。

ということで大英博物館へ行ってきました。

ブレません。どうもKEIです。

 

とは言っても、今日は大英博物館British Museum)に見物に行ったわけではありません。

アフタヌーンティーに行ってきたのです。

イギリスに来てはじめてのアフタヌーンティーですよ!

ひとりですけど!

ドキドキしますね!

ひとりですけど!

 

British Museumにはカフェスペースがいくつかありますが、今回行ってきたのはGreat Court Restaurantです。

博物館の上階にある(おそらく)メインのレストランです。

入口に立っているお姉さんに声をかけると、テーブルに案内してくれました。

 

アフタヌーンティーは15時からやっている模様。

£19.5のAfternoon Teaと、£25.5のProsecco Afternoon Teaの二種類がありました。

後者はプロセッコのスパークリングワインがついてくるようです。

わたしは適当に頼んだらワインが付いてきてそこで気づきました。

適当にいぇ~おけ~という癖が抜けていない証拠です…。

とくにワインが飲みたかったわけではないのですが、とても飲みやすくておいしいワインだったので結果オーライです。

 

最初にワインと紅茶を持ってきてくれて、それを楽しんでいるうちにフードを持ってきてくれました。

こんな感じです。どうぞ。

 

f:id:kkkkei:20170314084044j:plain

いかがでしょうか。

さすがアフタヌーンティー。

なんてワクワクするラインナップでしょうか。

揃いの食器もかわいいです。

しかし、あらためて見ると結構すごい量に感じますね。

わたしは今日なぜか一日中おなかが減っていたので(お昼もちゃんと食べたのに)ぺろりと食べてしまいましたが。

そんなに大ぶりなフードはないので、おなかを空かせていけば完食できるレベルかと思います。

ただ、スイーツ類は結構あまいので、苦手な方はしんどいかもしれません。

甘いもの大好きなわたしでも、クリームめっちゃ甘いとは思いました。

サンドイッチやタルト系はどれもすごくおいしかったです。

とくにサーモンとチーズを挟んだベーグルが好きです。

スコーンにはもちろんクロテッドクリームとジャムがついています。

ジャムは小さな瓶ごと持ってきてくれます。贅沢ですね。

わたしはクロテッドクリームが大好きなので、そのうち自分でも購入してみたいところです。

それから紅茶。

アールグレイを頼んだのですが、とても良い香りで、ストレートでもミルクでもおいしく飲めました。

ティーバッグでしたが、これだけおいしかったら十分です。

ミルクを使えばカップ3杯くらい飲めます。

いままで外食の機会があるたびにアールグレイを頼んではどれもいまいち口に合わなかったのですが、やっとおいしい紅茶に出会えました。

 

サービスチャージ込みで£28.05と、無職のわたしにはちょっと贅沢なお値段でしたが、大満足のアフタヌーンティーでした。

 

 

f:id:kkkkei:20170314083441j:plain

British Museumの内装はこんな感じ。

外観は古典的ですが中はモダンです。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 

クリックしてくださるとジャニオタが紅茶を求めて三千里。