読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニオタ、イギリスに行く

アイデンティティ=ジャニオタのアラサー女子は海外で生きていけるのか。

Victoria & Albert Museum - Part 2! モリスデザインのシャレオツカフェ

2か月目 イギリス生活 食事

こんばんは。おはようございます。
今週は仕事へ行ったり友達と日本食を作ったりスイスフードを作ったり、予定がない日がないというレベルでスケジュールが詰まっていて、まるでリア充のような気分です。
しかしリア充的なときめきイベントはもちろんありません。
どうもKEIです。

 

ところで、以前話題にしたVictoria & Albert Museum(V&A)を覚えていらっしゃいますでしょうか。
この博物館には英国の著名なデザイナーであるウィリアム・モリスがデザインした部屋を利用したカフェがあります。
前回訪れた際は人がいっぱいで座ることが難しく、退散せざるを得ませんでした。ということで先日改めてトライしてきました。今日はそのご報告です。


今回はお昼前に到着したので空いていて、席を確保するのも簡単でした。

 

f:id:kkkkei:20170413070242j:plain
モダンなシャンデリアと繊細なステンドグラス、そしてグランドピアノ。
わたしはグランドピアノが世界で一番美しい楽器だと思うんですけど、ピアノを弾いていたからそう思うんでしょうか。

 

f:id:kkkkei:20170413070410j:plain
モリスと言えばかわいい草花のデザイン。壁や天井、いたるところに見られます。
……のですが、あろうことか天井の写真を撮り忘れました。
うそだろ…なんのために再訪したんだ…。
観光客まるだしでもっとバシャバシャ撮るべきでした……。


部屋の雰囲気を写真に残すのって難しいですね。裕翔くんを見習ってもっと精進します。
※裕翔くんの趣味はカメラ。風景はもちろんメンバーのプライベートフェイスを撮りまくっています。本当に素晴らしい。

 

こちらのカフェはセルフサービス。フードのジャンルごとにカウンターが分かれているので、好きなだけフードをトレイに集めて最後に会計します。
サンドイッチやパスタはもちろん(ラザニアがとてもおいしそうでした)、ケーキやスコーンのようなスイーツも充実しています。
ドリンクも紅茶(アールグレイがおいしかった)、コーヒー、ジュースからアルコールまで様々。
ボリュームも満点で、とても充実しています。ただしちょっとお高い。

 

f:id:kkkkei:20170413070656j:plain
フードとドリンク合わせて£10.10だったと思います。
サラダは3種類のなかから2つ選ぶことができました。たくさん盛ってくれてかなりヘルシーな見た目。

このトレイの柄もモリスのデザイン。大ぶりな柄がかわいいですね。お土産ショップでも販売されていました。忘れてしまいましたが結構いいお値段です。

部屋の雰囲気は本当にゴージャスで洗練されていて、それだけでかなり楽しめました。

が、楽しみすぎてお見せできるような写真がほとんど撮れていなかったのが心残りというかなんというか。

撮影スキルをもっと上げたいと思うだけでなかなか上がらない今日この頃です。

 

 

f:id:kkkkei:20170413070935j:plain

ちなみにV&Aはトイレが可愛いです。

 

そうそう、わたしとしたことが先日うっかり書くのを失念してしまったのですが、フィギュアスケートのシーズンが終わりを迎えました。
厳密にいうとまだ国別対抗戦(※国別にチームに分かれて競うお祭り的な大会)が残っているのですが、主要なチャンピオンシップはすべて終了してしまいました。


世界選手権では、男子シングルで日本人選手がワンツーフィニッシュという素晴らしい結果を目の当たりにし、空港では羽生ファンが大パニックなんてニュースを聞き、そしてつい先日浅田選手の引退表明ですこし寂しい気持ちになったり(本当にお疲れさまでしたの思いでいっぱいです)と、いろんなことがありました。


個人的には世界選手権のパトリック・チャン選手の演技に大変感動しました。
彼がこのシーズンに会得した新しい高難度ジャンプ、フリーの音楽と振付の完成度の高さ、そして息をのむほどの美しいスケーティングなど、なにをとっても素晴らしいシーズンだったと思います。
来年、オリンピックの輝かしい会場で。この完璧なプログラムを滑る瞬間が、いまから見えるようです。
……。
オリンピック出るしフリーのプログラム持ち越しますよね?

妄想力だけは逞しいジャニオタスケオタなので勝手に期待してます。
そしてアメリカがオリンピックの出場枠を3つ確保したことが本当にうれしい。

来シーズンはどこかの大会を見に行ったりしてみたいものです。

 

 

 にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村

ランキングに参加中。クリックしてくださるとジャニオタがカメラ片手にロンドンを歩き回ります。