読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニオタ、イギリスに行く

アイデンティティ=ジャニオタのアラサー女子は海外で生きていけるのか。

裕翔くんと離れてみて思うこと

ってタイトルにするとあたかもわたしが裕翔くんのお知り合い、どころかお友達のような気がしてきますが、まあただのファンですよね。

どうも皆様こんにちは。こんばんは。KEIです。

昨日ブログでお金の話をして仕事へ向かったところ、なんと給料日でした。

給料日を知らずに働いていたという情けなさ。

ですが不意打ちの収入でかなりテンションが上がりました。

そして、なんと。

ウェイトレスの収入で家賃ペイしました!!!

ちょっと足りないかな、と思っていたので、これはかなりうれしい驚きです。

ちなみに、べつでしているハウスヘルプのお仕事は日払いで、都度お給料を頂いています。

これまでに3回行っていて、そのぶんで定期(ZONE1-2のTRAVEL CARD学割付き)の代金がペイできました。

ウェイトレス+週1のハウスヘルプで家賃+定期をペイしてちょっとお釣りがくるぐらいの収入ですね。

ジリ貧に変わりはない。

のですが、無収入だとロンドンの家賃は辛すぎるので、なんとか住むところは確保できそうでよかったです。

引き続き今日もお仕事頑張ります。

 

それからタイトルのお話。

ブログタイトルがジャニオタ、イギリスに行くですからね。

精神の安寧の基幹がジャニーズであるアラサーが海外に出てやっていけるのか、ぶっちゃけすぐ帰りたくなるんじゃね?って渡英前からずっと心配していました。

じゃあ実際出てきてみてどうだったかというと。

わりと平気な自分に逆にショックを受けています。

毎日コンサートDVDを再生し少年倶楽部をリピートし、時々ティーンエイジャーだったころの裕翔くんを懐かしんだりしていた、日本での日々。

DVDは手元にないし(DVDに万が一のことがあったら死ねるしそもそも再生環境がない)もちろんいままでの録画資産もないのでティーンエイジャー裕翔くんも楽しめないイギリスでの日々。

あらためて比べてみると(ジャニオタ的に)気が遠くなるほどの違いです。

しかしロンドンでは時間がいくらあっても足りないくらいやることがたくさんあるので、あまり気になりません。

いまは月曜から金曜まで学校がありますし、放課後は遊びに行くか仕事、休みの日もなにかしら出かけているので、家にいる時間自体が日本にいるときと比べて極端に減りました。

日本にいるときは仕事がなければ外に出ないなんてことはザラでしたからね…。

仕事がパートタイムで、あまりストレスがないというのも大きいと思います。

フルタイムで働くというのは、それだけ仕事が生活の中心になってストレスを感じやすいと思うので。

実はジャニーズに限らず、ゲームも思ったよりプレイしていません。

日本から3DSを持ってきていますが、電源をつけたのは本当に数回です。

たまにポケモンが恋しくなってちょっと触ります。

日本にいたときのジャニーズ中心時々ゲームと漫画の生活からは考えられないですね。

家にいる時間が減るとこんなにライフスタイルが変わるのかと驚いています。

まあそろそろ30手前ですし、この辺でオタクメンタルを卒業するのも悪くないかもしれません。

日本に帰るころにはリア充の仲間入りです。

……。

とはいきませんよね。

イギリスに来ることで、ジャニーズが中心の生活から離脱せざるをえなくなり、ある意味健康的な生活を送っています、

が、新しいシングルやDVDがすぐに手に入らないのには気が狂いそうになります。

新曲のPV! メイキング! 見たい!!!

去年のコンサートのDVD! 裕翔くんのソロアングルが! 見たい!!!!!!

ほかのファンは! すでに! 楽しんでいると! いうのに!!!!!!!!!

これは考え出すと本当に落ち込むし頭がおかしくなりそう(笑)なので、母になるを見て心を落ち着けてます。まじめ系の役が本当に似合いますよね裕翔くん素敵。

あと、ゲームもイギリスに来てからあまりやっていない、とはいえ、ゼルダの伝説新作をやりたくて仕方ありません。

Amazonのレビューを見て嫉妬でギリギリしています。なんだこのメチャクチャ楽しそうなゲームは。やりたい。

毎朝使う地下鉄の駅にデカデカとゼルダの広告が貼ってあるので忘れておくこともできません。やりたい。

こんな感じです。

もしかしたらオタ卒できるんじゃね?

と思ったことがないとは言いません。

でもできません。

なにより、毎朝通学中に聞くHey! Say! JUMPの曲にいつも元気をもらっています。

日本で読んだいろんなインタビューを思い出します。

渡英前に行った最後のコンサートを思い出します。

10周年に向けて彼らが頑張っていることは、わたしがイギリスにいても変わりありません。

それを思うと、わたしも今日も頑張ろうって思うんですよね。

エネルギーの源がジャニーズ、Hey! Say! JUMP、そして裕翔くんであることは日本でもイギリスでもおなじです。

どこにいても彼らから力をもらえるわたしは、ジャニオタで本当によかったと思います。

……。

ということを長々と語っている時点でオタク気質がひとつも変わっていないのは明白な件。

ジャニオタ、イギリスに行ってもジャニオタでした。

でもとりあえず生きてはいけてます。

 

 

f:id:kkkkei:20170429203924j:plain

これもよく見る広告。PS4のHORIZON。

弟がプレイしていてちょいちょい感想を送ってくるので、やってみたいゲームのひとつ。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 

クリックしてくださるとジャニオタが今日もジャニオタでジャニオタとしてジャニオタそして裕翔くんが好きです。